「OSの呪縛」という呪縛

自分で自分に呪いかけてるって事なんだろうけどね.

漢(オトコ)のコンピュータ道: 私は如何にしてWindowsの呪縛から逃れ、Linuxデスクトップという涅槃の環境にたどり着くことが出来たのか。

はっきり言って個人ユースでどのOS使うかどうかに縛りなんて無いんじゃないか.その人人の目的に応じて最も楽なOS使えば良いだけであって.呪縛はOSにではなくて「特定のOSの利用を強いるシステム」に存在する.コンピュータをインターネット閲覧や音楽再生位にしか利用しないのであればOSはなんだって良いし呪縛はない.私は自宅ではOpenSUSEを利用しているけれども特に不便を感じた事は無いが,これはweb閲覧や音楽/動画再生程度にしかコンピュータを利用していないからである.で,Linux使っているとWinOSでは簡単にできるのになかなか実現できないいくつかの事が時々出てくるのだが,これについては一通り頑張ってどうにもならんかったり著しく効率が落ちる時はしょんぼり仮想環境でWinOSを起動したりしている.私は幸いにPCでハイエンドなゲームを嗜まないのでこれでどうにかなっているが,LinuxでどうにもならんPC使いをしている人も居るだろう.そういう人に「それらを諦めてLinuxを使え」とはとても言えない.またそれらLinuxで出来ない事のうちいくつかについてはLinux側で対応できるようにすべきとも思わない.それを願うのは原理主義者であろう.原理主義者はそれ故,自分に呪いをかけLinuxを使えない諸々を「呪縛」と思ってしまうのだろうが,それは間違いである.
マカーは多分Windowsでしか利用できないシステムを「呪縛」と思っていないだろう.「ビジネスではWinOS使えばいいじゃん,でもクリエイティブなプライベートではMACOS使うよな」とか宣伝しちゃってる.その差別化がMACOSのシェアを拡大させる一助になっているようにも思う.それはそれで鼻についちゃったりするんだけどさ.

結論:好きなOS使えよ.